サンヘルパーメール
送料無料

シルバー産業新聞社ニュース


「健康県」は男女とも長野がトップ 15年の県別死亡率

 厚生労働省は6月14日、人口10万人当たりの年間死亡者数を示す2015年の「年齢調整死亡率」を発表した。男性は10年の前回調査より58ポイント減って486人、女性も同20ポイント減の255人で、いずれも過去最低を更新した。 年齢調整死亡率は、国勢調査に合わせ5年ごとに集計され、年齢構成の異なる都道府県間で、住民の死亡状況を比較できるように調整した数値。健康福祉行政に活用されている。 全国最低は長野県で男性は434・1人、女性は227・7人。男性は1990年以降6回連続、女性は前回に続き2回連続最も低い「健康優良県」となった。長野県が低い理由について、保健師らが地域を巡回して食生活の改善や生活習慣の向上に取り組むなど健康への意識が高いため、と考えられている。 長野県に続くのは、男性では滋賀県(437・9人)、奈良県(452・9人)。女性は島根県(236・9人)、岡山県(238・4人)だった。  一方、死亡率が最も高かったのは男女とも青森県で、男性は585・6人、女性は288・4人だった。男性は4回連続、女性は2回連続のワースト記録となった。塩分の高い食生活や喫煙など生活習慣が影響している。青森県に次いで高いのは、男性では秋田県(540・6人)、岩手県(522・5人)だった。 死因別では、がんや心疾患、脳血管疾患の3大死因のほか、肺炎や肝疾患、糖尿病なども前回より全国的に死亡率が低下。医療の向上に加え健康志向の高まりが要因とみられる。



シルバー産業新社購買サイトリンク先
 
お茶でスッキリサイトリンク先

ようこそゲストさん!
ログインはこちら

ご注文内容の確認

ご注文内容を確認する

お電話でご注文

ハローサンヘルパー
  0120-86-3468
お電話で問い合わせ
  072-845-4806


シルバー産業新社購買サイトリンク先

消臭剤サイトリンク先

肌着サイトリンク先

車椅子用角座サイトリンク先

枕型サイトリンク先

(NEW)